初任者研修の指定を取消される場合は?

Q.ご相談
初任者研修の指定を取り消されるのはどんな時でしょうか?

行政書士・社会保険労務士 岩本浩昭

A.行政書士・特定社会保険労務士岩本の回答

以下のような「欠格事由」に該当する場合、初任者研修の指定が取り消されますのでご注意ください。

指定取消

介護職員初任者研修の指定を受けても、指定を受けた事業者が下記に該当する場合は事業者の指定を取り消されます。

■初任者研修指定取消事由(大阪府の場合)

  • 「大阪府介護員養成研修事業者指定要綱」第2条に規程する基本方針に違反すると認められたとき
  • 指定要件を満たさなくなったとき
  • 不正な手段により指定を受けたとき
  • 年間実施計画や開講届等の届出、実績報告について虚偽があったとき
  • 虚偽または偽造した修了証明書を受講者等に交付したとき
  • 報告、帳簿書類の提出・提示を命じられたのに従わず、または虚偽の報告を行ったとき
  • 実地調査等の出頭を求められても応じず、質問に対して答弁せず、または虚偽の答弁をし、検査等を拒み、妨げ、忌避したとき
  • 知事の勧告、命令に、正当な理由がなく、定める期間内に従わなかったとき
  • 他の養成研修等で指定を取り消されたとき
  • 法人の代表者、構成員が暴力団等に該当するとき
  • 研修事業に関し、不正または著しく不当な行為をしたとき

知事は、このような理由により指定の取消しを行った場合、その旨を公表することになっています。

指定された期限内に報告等をしない場合、次年度以降の開講、新規研修事業の指定をしないという通達が出ていますので、定期的な報告、届出も忘れず期限内に届けるようにしてください。

岩本へ無料相談してみるサービスの詳細はこちら

関連記事

サブコンテンツ

弊所へのお問い合わせ

・お電話 TEL:06-6314-6636(平日9:00~18:00)

・メール お問い合わせ をご利用ください。

このページの先頭へ