初任者研修の申請書類は?

Q.ご相談
初任者研修の指定申請ではどういう書類を提出すればいいのでしょうか?

行政書士・社会保険労務士 岩本浩昭

A.行政書士・特定社会保険労務士岩本の回答

都道府県によって若干提出書類が異なるかもしれませんが、大阪府では主に以下のような書類を作成・準備し、提出する必要があります。

申請書類作成

初任者研修を実施するには、事業者として「指定」を受けなければなりません。

指定を受けるためには、開講の90日前までに指定申請書類一式を「大阪府」に提出しなければなりません。

申請準備にある程度時間がかかると思いますので、十分余裕を持って申請の準備をしてください。

初任者研修指定申請書一式

■指定申請書類

  1. 指定申請書
  2. 資産の状況を示す書類(直近の決算報告書等)
  3. 法人の寄附行為又は定款
  4. 履歴事項全部証明書
  5. 誓約書
  6. 申立書
  7. 公表情報の内訳及び公表資料
  8. 法人の印鑑証明書
  9. 収支計画書
  10. 学則
  11. シラバス
  12. 講師一覧表
  13. 講師履歴書及び資格証明書等
  14. 講義・演習室使用承諾書
  15. 平面図
  16. 実技演習使用備品一覧表
  17. 修了評価の評価方法
  18. 終了評価筆記試験問題及びその模範解答(2種類以上)
  19. 修了証明書の様式
  20. 年間事業計画書
  21. 開講届出書
  22. 研修カリキュラム

どうでしょう、結構たくさんの書類を提出しなければならないことがおわかり頂けると思います。

指定を受けなければ初任者研修が実施できないわけですから、出来るだけ早く指定を受けたいと思う気持ちは、皆さん同じではないかと思います。

申請手続きに時間がかかり、開講が遅れるということのないようスムーズに初任者研修の指定申請手続きを代行させて頂きますので、申請書類を作成する時間がない、書類の作成がなかなか進まず困っているという法人様は、弊所の指定申請手続き代行サービスをご利用ください。

岩本へ無料相談してみるサービスの詳細はこちら

関連記事

サブコンテンツ

弊所へのお問い合わせ

・お電話 TEL:06-6314-6636(平日9:00~18:00)

・メール お問い合わせ をご利用ください。

このページの先頭へ