初任者研修とヘルパー2級の科目の違いは?

Q.質問
初任者研修とヘルパー2級では、履修する科目は同じですか?

行政書士・社会保険労務士 岩本浩昭

A.特定社会保険労務士・行政書士岩本の回答

初任者研修とヘルパー2級では、履修すべき科目はほぼ同じですが、若干異なる部分もあります

科目

介護職員初任者研修とヘルパー2級の科目を比較してみると、時間数の合計はさほど変わらないものの、その内容(科目)には少し違いがあります。

まず、ヘルパー2級では、講義、演習、実習がそれぞれ別に設定されていましたが、初任者研修では、講義と演習を一体的に行うこととし、実習は任意となりました。

また、今の現状を反映して、「医療との連携」「認知症の理解」についての時間が初任者研修では必須となりました。

その他、研修の学習効果を高めるために、初任者研修では修了評価(1時間以上の筆記試験)を実施しなければなりません。

では、具体的に、初任者研修とヘルパー2級とでは、科目にどのような違いがあるのか、詳しく見ていきたいと思います。

初任者研修とヘルパー2級の科目の違いは?

■初任者研修の履修科目と時間数

科目
時間数
職務の理解
6
介護における尊厳の保持・自立支援
9
介護の基本
6
介護・福祉サービスの理解と医療の連携
9
介護におけるコミュニケーション技術
6
老化の理解
6
認知症の理解
6
障がいの理解
3
こころとからだのしくみと生活支援技術
75
振り返り
4
合 計
130

初任者研修では、さらに上記科目がいくつかの項目に分かれています。

■ヘルパー2級の履修科目と時間数

区分
科目
時間数
講義
社会福祉の基本的な理念及び福祉サービスを提供する際の基本的な考え方に関する講義
6
講義
高齢者保健福祉及び障がい者福祉に係る制度及びサービス並びに社会保障制度に関する講義
6
講義
高齢者及び障がい者の疾病、障がい等に関する講義
11
講義
生活援助の方法に関する講義
4
講義
相談援助に関する講義
4
講義
医学等の関連する領域の基礎的な知識に関する講義
8
講義
人権啓発に関する知識
2
演習
福祉サービスを提供する際の基本的な態度に関する演習
4
演習
介護技術に関する演習
30
演習
訪問介護計画の作成等に関する演習
5
演習
レクリエーションに関する演習
3
実習
介護実習
24
実習
高齢者デイサービスセンター等のサービス提供現場の見学
6
合 計
132

このように、現場で介護職に従事する際に必要な知識等を学ぶために、初任者研修ではより実践的な内容になっています。

岩本へ無料相談してみるサービスの詳細はこちら

関連記事

サブコンテンツ

弊所へのお問い合わせ

・お電話 TEL:06-6314-6636(平日9:00~18:00)

・メール お問い合わせ をご利用ください。

このページの先頭へ