指定申請代行実績

1番

初任者研修の申請は「大阪第1号」!

平成24年11月2日、介護職員初任者研修の指定申請に係る説明会が、大阪府内で行われました。

ある法人様より初任者研修指定申請の依頼を頂いていましたので、弊所代表岩本がこの説明会に代わりに参加しました。

初任者研修の指定申請に関しては、それまでのヘルパー2級等の申請とは違い、申請の予約も質問もすべてインターネット上のみ。

(同年12月以降、質問は電話でも受け付けてくれるようになりました)

申請日初日の11月16日に申請の予約をした上で、お客様と打ち合わせを行い、早速書類作成に取りかかりました。

16日の申請日まで実質7営業日

正直、非常にタイトなスケジュールでした。

ただ、お客様の協力もあって、無事11月16日に大阪府内で一番に指定申請を行うことができ、無事、府内で1番最初に指定書を頂くことができました

その初任者研修の指定申請では、

  • 指定要綱等が公表されたのは、10月30日だった。
  • 質問はメールでしか受け付けてもらえなかった。
  • 質問に対する回答は個別に受け付けてもらえず、約1週間後にホームページにアップされるだけだった。

というような感じで、申請時にはほとんど情報がなく、大阪府の要綱、要領のみで申請しなければならなかったのですが、限られた時間と情報しかない中で、早く、かつ、確実に申請しなければならないというプレッシャーに苦しみました。

ただ、大阪府内で一番ということもあって、お客様にも喜んで頂き、かつ、府の担当者様にもきちんと書類をそろえて申請したことを喜んで頂き、私も本当に嬉しく、とても印象深い案件となりました。

指定申請代行実績

初心者

初めての研修事業が初任者研修!

それまでに介護関係の研修事業をしたことがないという法人様から、初任者研修の申請代行をご依頼頂きました。

講師はある程度経験のある方がいらっしゃるということでしたが、「申請手続きが面倒」で、「役所に何度も行くのが大変」ということが決め手になったようです。

また、できるだけ早く開講したいというご要望でしたので、直近で申請できる日を予約し、急いで申請書の準備に取りかかりました。

途中、科目スケジュールの決定等が思うように進まないこともありましたが、無事、指定を受けることができました。

主に法人の事務員さんとやり取りさせて頂いたのですが、無事指定が下りたという報告をした時にとても喜んで頂き、こちらもとてもうれしくなりました。

この業務を行うきっかけ・思いは?

相談

介護・福祉事業所の申請手続きを代行している専門家はたくさんいますが、養成研修・講習の指定申請を代行している専門家はほとんどいないと思います。

弊所も、もともと介護・福祉事業所の指定申請を取り扱っていました。

ただ、弊所のお客様から、「資格学校を立ち上げたいという知り合いがいるんだけれど、一度話を聞いてもらえませんか?」と声をかけて頂きいたのがきっかけで、研修、講座関連の申請手続きを行うようになりました。

養成研修・講習の指定申請は、特に書類のボリュームも多いので、弊所がこの申請手続きを代行することでお客様の負担を少しでも軽減できればという思いでこの業務を行っています。

というのも、指定申請書類に限らず、講師要件の確認や担当科目の割り振り、カリキュラムの作成等は相当大変で、事務員さんの負担も大きく、思うように申請手続きが進まないというケースも多いのではないでしょうか?

継続して発生する事務手続きについては、毎回外注するわけにはいかないので、できるだけ社内で作成したいというのはごもっともです。

ただ、新規の指定申請は初回のみです。

事務員さんは他にもいろいろ仕事をされているでしょうから、この指定申請手続きにかかりっきりになるというわけにはいかないと思います。

申請手続きが進まなければ講座の開講が延びるわけですが、それは正直事務員さんの責任ではありません。

今までいろいろなケースで申請してきた弊所がお力になれると思いますので、申請手続きが進まなくてお困りの法人様は一度お問い合わせください。

岩本へ無料相談してみるサービスの詳細はこちら

関連記事

サブコンテンツ

弊所へのお問い合わせ

・お電話 TEL:06-6314-6636(平日9:00~18:00)

・メール お問い合わせ をご利用ください。

このページの先頭へ